出産後の抜け毛はいつから?

MENU

出産後の抜け毛はいつから?

 

妊娠してから出産するまでの約10ヶ月間、ママさんの体内では胎児が育つためにとても重要な「卵胞ホルモン(エストロゲン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)などが大量に分泌されます。

 

赤ちゃんがお腹の中で元気に育つためにもとても重要なホルモンの分泌なのですが、妊娠するまでの体の調子やサイクルが崩れるほど影響があるものです。

 

精神面と体調面でたくさんの種類がありますが、そのなかの一つに“ヘアサイクルが停滞する”というものがあります。

 

女性ホルモンと髪の毛の密接な関係は言うまでもなくご存知の方も多いと思います。
適度なホルモン分泌・ホルモンバランスが維持できているため、髪の毛は新しい毛が生まれ、そして抜け落ちるサイクルを繰り返しています。

 

これが、妊娠後期になると抜け落ちる順番になるはずの古い髪の毛がそのサイクルに移行できずに成長期の髪の量が増えている状態、いわば渋滞が発生しているイメージです。

 

出産後、このホルモンの分泌量が元の量に戻ってホルモンバランスが安定しだすと、ヘアサイクルも元の状態に戻るのですが、妊娠中に渋滞していた分の髪の毛が一斉に抜けます。

 

通常のヘアサイクルの抜け毛量でしたらそんなに気にとめるほどの本数ではありませんが、産後に一斉に抜ける量はすごく多く、お風呂でシャンプーした後にすすぐと排水口が詰まるほど多い方もおられます。

 

 

産後脱毛症の場合、抜け毛が始まるのはいつからなのか

下記は妊娠中と出産後の女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量をグラフにしたものです。

 

出産後の抜け毛はいつから?

 

ピンクのゾーン。40週の出産のタイミングで分泌量が激減しているのがおわかりいただけると思います。
頂点のピーク時から急激に減った後、出産時から数えて約2ヶ月〜3ヶ月後に通常の分泌量に戻っていき、ヘアサイクルが戻る→抜けずに溜まっていた髪の毛が一斉に抜けはじめます。

 

このとき、一気に抜けて終わりではなく、産後1年くらいまで症状が治まらない方もおられます。
抜け毛の量や治まる時期は人それぞれですが、抜け毛が始まるのは産後3ヶ月目あたりからが多いようです。

 

 

産後脱毛症の割合

妊娠出産した方のすべてが産後脱毛症になるわけではありません。
軽度の抜け毛の方も含めると約7割の方が産後に抜け毛が多いと感じているというデータがありますが、まったく抜け毛がなかった方も3割くらいおられます。

 

 

重要なのは元に戻るタイミングでサポートしてあげること

出産によるホルモンバランスの影響が毛髪に表れ出す時期は人それぞれですから、「いつからか」は重要ではありません。

 

頭皮は身体のなかでも血管がとても細く、栄養不足やストレスの影響が大きく出ます。
前頭部の血管は頭のなかでも特に細いので、前髪部・生え際部分の抜け毛が気になってきたという方はこれから本格的に抜け毛が増えてくると思われますから、ひどくなる前に頭皮の外側からケアしてあげることが重要です。

 

私は美容師時代から今に至るまで15年経ちますが、産後抜け毛の相談をたくさん受けてきました。
みなさんにまずアドバイスすることは、髪が力強く育つために必要な栄養補給と血流の促進を同時にすることとなります。

 

綺麗な花は枯れて栄養のない土では育ちません。産後の頭皮の状態も枯れた土と同じような状態になっていますから、土(頭皮)に肥料を与えたうえで、元気で綺麗な花(髪)に育ってもらうために、本来栄養を摂取している「血流を促進」させること、新しく生まれてくる髪が健康に育つ土壌作りをしてあげることが重要です。

 

 

血流を促進させるには

軽く前述しましたが、私達人間の頭部、特に前頭部(おでこの生え際部分あたり)は血管が細いです。
そして血管の数が極端に少ない部位としてあげられます。

 

産後の抜け毛がいつまでも改善せず長引いている場合や、出産前に比べて髪の毛が細く弱々しい場合はこの状態になっていると考えられます。

 

滞っている血流を促進させるためにまず始めてほしいのは、栄養の補給です。
血流を改善する方法は頭皮マッサージや運動などがありますが、頭皮に張り巡らされている血管は毛細血管なので運動やマッサージでの効果はほぼ期待できません。

 

おすすめするのは、女性ホルモンに似た働きをする成分「ヒオウギエキス」が含まれている育毛ケア用品を使うことなのですが、選ぶ際は浸透力も重視してください。

 

育毛ケア用品で注意すべきポイント
市販で購入できる育毛ケア用品はたくさんありますが、選ぶ際に注意するべきポイントをあげてみます。

 

有効成分について
産後でも安全に使える成分なのか注意して選ぶ必要があります。

 

浸透力
成分は毛穴から入り込んでいきます。
成分が毛穴よりも大きい粒子のものは毛根部まで届くことができずに流れ落ちるか蒸発してしまいます。
育毛成分がしっかり毛根部まで届く微粒子タイプの物を選ぶと良いです。
粒子の大きさについては、育毛商品では重視されて開発されている部分なので、箱や販売ページに書いてあるはずです。

 

化粧品の分類ではないか
育毛ケア商品はたくさんありますが、市販の物は「化粧品」と「医薬部外品」のどちらかです。
医薬部外品は厚生労働省から効果を認められている成分を有効成分として含有する商品で、化粧品は有効成分のない物といったらわかりやすいでしょうか。

 

選ぶ際には医薬部外品から選ぶようにしましょう。

 

 

条件に合う育毛ケア商品

 

ヒオウギエキスについて前述しましたが、この他にも育毛成分が多く含まれていて産後のデリケートな頭皮にも安心して使える、産後に特化して開発された育毛剤の使用をおすすめします。

 

産後用育毛剤のなかでも、ベルタ育毛剤は産後の抜け毛に効果があると厚生労働省に認可された育毛剤です。

 

成分の99.9%が育毛・頭皮ケア成分で構成されており、99.6%が天然由来成分です。天然由来の成分でできていますから、産後でも安心して使えます。

 

 

効果・効能に産後脱毛症がある育毛剤は複数ありますが、相談くださった方におすすめした育毛剤のなかで「使ったら抜け毛が減ってきた」という声がいちばん多いのがベルタ育毛剤でした。

 

相談を受けたとき、ベルタ育毛剤を試してもらった様子をレポートしてもらったので是非読んでみてください^^

 

 

>> ベルタ育毛剤 公式ページはこちら

 

 

このページの先頭へ