産後 育毛剤

産後には産後専用の育毛剤を

 

産後の抜け毛(産後脱毛症)は、産後1ヶ月から3ヶ月あたりから急に発症するのが特徴ですね。
分け目や前髪など、局部的にけっこうな量の頭髪が抜けてしまいますからあわてて育毛剤を使いはじめるママさんが多いです。

 

しかし、ほとんどのママさんはここで大きくまちがいます。
抜け毛が酷いものですから、“いかに髪がフサフサになるか”を重視して育毛剤を選んでしまうんです。

産後抜け毛は通常の場合は通常の抜け毛とは原因がちがいます。

産後には産後の抜け毛原因に特化した育毛剤を選ぶようにしてください。

元美容師の私が産後ママさんにおすすめしたい育毛剤
ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤の特徴

・産後の脱毛に効果があると厚生労働省が認可
毛穴の1000分の1レベルの微粒子で抜群の浸透力
99.9%が育毛・頭皮ケア成分でできている

 

天然由来成分99.6%だから授乳中でも使用可能♪臭いもしません。

使用感レビュー

産後4ヶ月のママ友にお願いしてベルタ育毛剤を使ってもらいました

 

レビューの続きはこちら >>

マイナチュレ

マイナチュレの特徴

・モニター参加者の87.3%が満足回答
・口コミサイト@コスメの育毛剤商品で第一位
・半年以内にモニターの81.8%が大きな変化を実感

 

従来の育毛剤は頭皮への栄養補給や血行促進で頭皮環境を改善するものばかりでした。
間接的に育毛を促す育毛剤がほとんどのなか、マイナチュレは毛包に直接働きかける開発に成功した唯一の育毛剤です。 ※毛包とは髪の毛を作り育てる非常に重要な部分

二人目産後の抜け毛に
エンジェルリリアン

エンジェルリリアンの特徴

二人目出産後特有の抜け毛に特化
ヘアケア専門チームが開発した薬用育毛剤
化学成分を排除 赤ちゃん第一!

 

産後の抜け毛を徹底的に集中ケアするプログラムが用意されています。
相談をいつでもできるので、それぞれの抜け毛の原因によって最適なアドバイスをもらえるのが良いですね。

産後は通常の育毛ケアでは意味がありません

妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されて髪の毛が抜けにくい状態ですが、出産後はその真逆で、出産のタイミングで急激にホルモンの分泌が減って抜け毛が増えてしまいます。

 

時系列で順番に説明してみます↓

出産によって女性ホルモンが急激に減少

ホルモン減少によって頭皮バリアの機能が低下

バリア機能低下で水分保持できなくなる

水分保持できなくなった頭皮は乾燥状態に

乾燥状態で固くなった頭皮の層は育毛剤の成分が浸透できない

 

乾燥した頭皮は層が固くなっています。
触った感触では固くなっていないので気づくことはありませんが、出産前の頭皮と比べると層が硬くなってバリアができている状態。
この状態ではいくら育毛成分の多い育毛剤を使っても、頭皮に浸透できずに成分が蒸発してしまいます。
産後 育毛剤

重要なのは毛穴の奥の毛根まで成分を届けること

私の友人も子供を2人出産しましたが、産後の抜け毛に悩まされていました。
私が元美容師ということもあって相談されたのですが、当時は(一昨年あたり)産後に特化した育毛剤がなかったので、頭皮をマッサージすることと食生活の改善点しかアドバイスできることがありませんでした。

 

女性用の育毛剤自体がほとんどなかったせいもありますが、美容師の知識を持っている私の視点からみても産後の抜け毛を具体的に治す方法は当時なかったと思います。

 

粒子のナノテクノロジー(超微粒子化)が開発された今であれば、迷うことなくベルタ育毛剤を勧めますね。

 

ナノ粒子(毛穴の1000分の1)が毛穴の中に浸透しますから、効果が表れるのが当然早いです。

 

産後の抜け毛に効果のある育毛剤を探している人は、育毛成分の種類の多さではなく浸透力で選ぶことをおすすめします。


産後用の育毛剤を選ぶときにはここに注目!

最近になって女性用の育毛剤が数多く販売されていますが、女性全体を対象にした製品がほとんどです。

 

主に加齢による薄毛(細くなる)を外から補修するためのものなので、産後の抜け落ちてしまう薄毛に使ってもほとんどといっていいほど意味がないのです。

 

では、産後の抜け毛を改善できるのはどんな育毛剤なのか。
どんな成分が効果的なのかを順序立てて説明していきますね☆

 

髪の毛を太くする成分ではなく毛根まで届く粒子なのかが重要!

育毛剤というのはなんらかの栄養素が配合されているわけですが、産後の抜け毛の場合は新たな髪の毛を生成する毛根部分に栄養を浸透させることができる育毛剤なのかが重要となります。

 

産後の薄毛用育毛剤で重要なのは、含まれる栄養の種類の多さではなく新しい毛を生成する毛根まで栄養を届けるための浸透力です。

 

値段が高い育毛剤=良い育毛剤ではないわけですね。

 

  • 浸透力で選ぶなら
  • 浸透力で選ぶなら、毛穴の1000分の1まで粒子を均一化しているベルタ育毛剤が突出して優れています。
    どれを使ったらいいのかわからないというママさんに是非教えてあげたい育毛剤です。

     

出産後、急に抜け毛が増える主な原因

妊娠や出産は女性の人生の中でも大イベントだと言っても過言ではなく、お腹の中に新たな生命が宿ることによって女性は体質が変わったり、体型が変わったりするなど嬉しくて幸せな気持ちで溢れる反面、悩みが尽きないというのも現実です。

 

中でも近年多く聞かれるのが妊娠や出産に伴う薄毛の悩み。
妊娠中の妊婦さんが読む雑誌にも必ずと言っていいほど掲載されていたり、インターネットなどで検索してみても数え切れないくらい多くの方の薄毛の悩みにヒットするのでどれだけ多くの人たちが悩んでいるのかを伺い知る事ができますが、どうして女性は妊娠・出産によって抜け毛が増えたり薄毛になってしまうのでしょうか?

 

それにはプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という「女性ホルモン」が大きく影響しているのです。

 

通常妊娠をしていない女性の体というのは、プロゲステロンとエストロゲンの2種類のホルモンが2週間ごとにそれぞれ優位になる働きを繰り返しているのですが、妊娠中はプロゲステロンが優位に働くことによって妊娠を維持したり、水分や大切な栄養分を体の中に貯めこんでいるという状態です。

 

また、プロゲステロンには髪を成長させる働きがあるので、通常であれば寿命で抜け落ちる髪も抜けないままそのまま成長させる働きを起こすので、人によっては一時的に髪が増えたと感じる場合もあるようなのですが、プロゲステロンの増加によってヘアサイクルが乱れて抜け毛が増える人も多いのです。

 

そして出産をするとホルモンのバランスは元に戻ろうとするものの、エストロゲンが急激に増加するすることによってバランスが崩れ、妊娠中に抜けなかった髪が出産後一気に抜けるという現象が起こります。

 

抜け毛は一時的なものなのであまり神経質になりすぎる必要はありませんが、場合によっては期間が数ヶ月〜産後何年経っても一向に減らずに薄毛になってしまう場合もありますから、実際に使った人の口コミ評価の高い育毛剤から使用してみることをおすすめします。